今すぐお金が必要な時に便利なのがキャッシングやカードローンは間違いがないが、金融事故でブラックの人には無理な話、審査のゆるい街金辺なら融資も可。その他スピード買取で身の回りのを売る、良くネットでは自己アフィリを推奨しているが報酬は2ヶ月先になってしまう。返す当てがあるなら少々利息が高くても街金が妥当だろう。

今すぐお金が必要【方法】ブラック/破産者でも即現金

imasugu_648.jpg

ブラックだけどお金が必要

  1. ブラックになるとお金は借りれない?
  2. ブラックだけどお金が必要
  3. ブラックだけどお金を貸してくれるところは?
  4. どうしても借りることができないときは
  5. ブラックにならないことが大切だけど
 
imasugu_648.jpg
 

ブラックになるとお金は借りれない?

俗にブラックと言いますが、カードローンなど借金の返済に対して、滞納や延滞を繰り返して、あげくには返済不能になることを金融事故と言います。

こういった金融事故を起こすと、債務整理や自己破産ということになってしまいます。

そのときの事故情報が、信用情報機関に記録されます。
これをブラックリストに載ると形容されるのですが、そうなった人を単にブラックと呼ぶことが多いのです。

また、債務整理とよく言いますが、債務整理というのは、
金融事故を起こした人に対する、全体的な処置のことを言います。
ですから、債務整理と任意整理は同じように言われることが多いのですが、
正しくは債務整理の中の任意整理であり、債務整理の中の自己破産となるのです。
債務整理の中には任意整理、自己破産の他に個人再生や特定調停といった処置もあります。
ブラックになってしまうと、消費者金融会社といった貸金業者、
さらには銀行などの金融機関から、お金を借りることはできません。

先述したように、信用情報機関に金融事故情報が記録されます。
信用情報機関に加盟している金融機関や貸金業者でしたら、いつでもそういった情報を照会できるのです。
ブラックになった人に、融資するところはないといってもいいでしょう。

融資の申し込みをすると消費者金融業者は審査をします。
そのときに信用情報機関に照会することになるのですが、すぐにブラックかどうかという情報がわかるのです。
そうなると、そこで審査はストップしてしまうのです。

それではブラックの人は絶対にお金を借りることはできないのかというと、
原則ではそうなっているのですが、実は法律などで決まっているわけではありません。
ですから、銀行や消費者金融会社がブラックの人に、
お金を貸しても、罰せられるような法律は存在しないということです。
なので、法律上は貸しても問題はないということになるのです。

自己破産の場合は借金を帳消しにされているのですから、社会的な信用度はゼロです。
滞納や延滞を繰り返しただけでも審査に通ることはないので、
延滞の行き着く先にある、返済不能に陥った人の信用度というのはゼロに近いです。
そういった人に、お金を貸す銀行や消費者金融会社はないといってもいいでしょう。

ブラックの人のペナルティですが、どこもお金を借りることはできません。
銀行や消費者金融会社に融資の申し込みをしても、即決で審査NGになることが多いでしょう。
また、債務整理に入る過程で、お金の動きはすべてストップします。
これは、金融機関や消費者金融会社からの督促がストップする。
つまりは、債務者はお金の返済をしなくてもいいのです。

とりあえず、これからの返済方法などを話し合うための処置です。
お金の流れを止めるのですから、クレジットカードも利用停止になります。
そして、クレジットカードはそのまま使えなくなってしまいます。
また、債務整理後は5年ないし10年間は、クレジットカードを新たに作ることはできなくなります。

債務整理にもいろいろあって、自己破産は借金が帳消しになるので、
誰もが自己破産を求めるといったらそれも間違いで、自己破産には大きなリスクがあるのです。
まず自己所有の不動産があれば、それは手放さなくてはいけません。
一般には差し押さえということになるのですが、競売に出されて借金の返済に充てられ、
そこでさらに債務があれば、それが帳消しになるということです。

もっとも家を売ってすべて返済できるくらいでしたら、任意整理のほうがいいでしょう。
こちらは債権会社が一手に引き受け、こちらに一括で返済するようになります。
また、任意整理はある特定の債務だけ任意整理をして、
他の債務については、これまでどおり返済をしていくという方法もできます。
話し合いですから、交渉が決裂すればそういったケースもあるということですね。
そうならないためにも、お金の工面をして弁護士に間に立ってもらうようにしたほうがいいです。

ブラックになった場合でも、自己破産と任意整理では、同じ債務整理でも内容はまったく違います。
任意整理はあくまでも返済の意思があるということですし、財産なども保全されます。
財産のまったくない人は、自己破産のほうが得かもしれませんが、自己破産は自分の意思ではできません。
裁判所が認めて、初めて自己破産ができるということも覚えておいたほうがいいでしょう。

ちなみに自己破産をすると、ほとんど財産が手元に残りません。
必要最低限の家財道具として、洗濯機と冷蔵庫と家具くらいでしょう。
それと、自己資金も90万円まで認められています。
そのお金で引っ越し先を見つけて、引っ越し費用も出さなくてはいけません。
まさに、裸一貫からのスタートとなるのです。
こう考えると財産が保全される任意整理のほうが、借金の返済は残っても一部免除されたり、
金利が低くなって支払う利息が軽減されたりするので、支払いは大幅に楽になります。
そういったことも総合的に考えて、債務整理を行ったほうがいいのです。
 
▲メニューに戻る
 
imasugu_648.jpg
 

ブラックだけどお金が必要

ブラックになったとしてもお金は必要です。
しかし、銀行や消費者金融会社から、お金を借りることはできないでしょう。そうしたらどうしたらいいのかというと、数万円程度のお金でしたら、友人知人を頼る方法があります。

2万円あるいは3万円程度のお金でしたら、友人知人もお金を貸してくれるかもしれません。
しかし、お金を借りるということは貸しを作ってしまいますし、返済できないということになったら、友人関係も壊れかねません。

少しでも返済に不安のある場合でしたら、
友人知人からお金を借りるのは止めて、身内に頼ったほうがいいでしょう。
身内の場合でしたら、利息はなく借りたお金だけを返したらいいですし、
特に返済に対して期日などはない場合が多いので、文字通りあるとき払いの催促無しということになります。

しかし、そういった好条件に甘えてしまって、
返済が滞る、あるいはうやむやになるといったことも少なくないのです。
親しき仲にも身内ですから、返済はきちんと行うようにしましょう。

他には、家にあるものをネットオークションに出品してもるのもお金を稼ぐ方法です。
何が売れるかわからないので、どれだけ儲るのかはわかりませんが、小銭程度は稼げるでしょう。
 
▲メニューに戻る
imasugu_648.jpg
 

ブラックだけどお金を貸してくれるところは?

原則として、銀行や消費者金融会社からお金を借りることはできません。しかし、可能性がまったくゼロなのかというとそうでもないのです。

というのも、先述しているように、ブラックの情報というのは信用情報機関に記録されています。そのため信用情報機関に加盟していないと、そういった情報は紹介できないのです。

銀行やクレジットカード会社は信用情報機関に加盟していますが、消費者金融業者となるとすべての貸金業者が信用情報機関に加盟しているわけではありません。
消費者金融会社では、多くの中小消費者金融会社と小規模な消費者金融会社である街金などは、
信用情報機関に加盟していないので、ブラックであるかどうかの照会できません。
ですから、中小消費者金融会社や街金といった消費者金融会社では、ブラック情報がわからないのです。

自己破産者については官報に記載されるのですが、
一般の人や、消費者金融会社でもわざわざ官報を見るのは稀でしょう。
記載されているだけで、名前でのマッチングなどの検索はできないようですから、官報でも探すのは大変です。
ですから、ブラックの人なら中小消費者金融会社か街金でなら、お金を借りることができるかもしれません。
中小消費者金融会社や街金の審査方法というのは、現在の属性においてのみ審査を行います。
電話による在籍確認がとれ収入証明書など、
現在の収入がわかる書類の提出があれば、審査に通ることが多いようです。

もっとも、ブラックでも確実に借りることができるというわけではありません。
実際には、ネットの口コミ情報などで、ブラックでも借りることができたという情報。
こうしたところが、拠り所となることが多いです。
実際にそういった情報を参考にして、ブラックでも借りることのできる消費者金融会社を探すようにしましょう。
 
▲メニューに戻る
 
imasugu_648.jpg
 

どうしても借りることができないときは

消費者金融会社で借りることができないときは、万事休すと思いがちですが、そういったときはネットの個人間融資掲示板を頼るのもいいでしょう。個人での融資となるので、不安になる人も多いと思います。

また、金利手数料などは交渉で決まることになりますが、個人間融資の場合の上限金利というのは、業者で借りる際の上限金利よりもかなり高くなります。

個人と業者では上限金利の設定が違うということですね。
それでも短期間の返済でしたら、それほど気になるレベルではないでしょう。

実際にはネットの個人間融資掲示板にアクセスして、これはと思う人にコンタクトをとって金利交渉などをして、返済期間や返済日などをつめてお金を借りるようになります。
これにも幅があるのですが、借りるお金は数万円程度となることが多いようです。

最近では業者が介在することが多くなったようです。
通常のルートでは審査に落ちてしまいますが、
こういった掲示板での業者との交渉は、借りる方向で進められることが多いです。
ただし金利は利息制限法に遵守していない場合もあるのが、ヤミ金などの介在にも注意しなくてはいけません。
 
▲メニューに戻る
 
imasugu_648.jpg
 

ブラックにならないことが大切だけど

ブラックにならないことが大切ですが、お金の借りすぎから多重債務になり、滞納や延滞を繰り返して、あげくには返済不能になるのがブラックへの道です。

どこがポイントになるのかというと、お金の借りすぎに他ならないのですが、闇雲にローンを増やすよりも、どこかで債務を一本化するおまとめローンを選択しておくと、その後の状況が変わったはずです。

それと延滞を一度でもしてしまうと、
追いつくのが大変になってしまいます。
それでなくてもかつかつで毎月返済しているので、
一度でも延滞をすると、次月までに倍のお金を払わなくてはいけなくなるのです。

また延滞してしまうと、その情報が信用情報機関に記録されます。
支払いができたとしても延滞したという情報が載ってしまうので、信用情報はかなり地についてしまうでしょう。
いずれにしても、借金の積み重ねがどんどん状況を悪くしてしまうので、
根本的なお金の使いすぎに、気をつける必要がありますね。
 
▲メニューに戻る
 
imasugu_648.jpg

ブラックだけどお金が必要な人の奥の手とは?

消費者金融でキャッシングしたいと思っている、世の中の全ての人へ。 信用情報ブラックだから、消費者金融業者でお金が借りれない!! なんて人が、多かったりするのでは? どうか消費者金融でお金が借…
imasugu_648.jpg