今すぐお金が必要な時に便利なのがキャッシングやカードローンは間違いがないが、金融事故でブラックの人には無理な話、審査のゆるい街金辺なら融資も可。その他スピード買取で身の回りのを売る、良くネットでは自己アフィリを推奨しているが報酬は2ヶ月先になってしまう。返す当てがあるなら少々利息が高くても街金が妥当だろう。

今すぐお金が必要【方法】即現金

即現金 方法

  1. お金が必要になったら
  2. 銀行カードローンは即日融資ができない
  3. 即現金がほしいときの方法
  4. 消費者金融会社で借りる
  5. お金を稼ぐ方法
 

 

お金が必要になったら

お金が必要になったら、銀行か消費者金融会社からお金を借りることを考えると思います。それでは銀行と消費者金融会社でしたらどちらからお金を借りたほうがいいのでしょうか。一般的には銀行からお金を借りるほうを考える人が多いでしょう。それは金利の低さが頭にあるからです。

それでも銀行カードローンと消費者金融会社のカードローンの金利差は、それほど大きいものではありません。確かに1%違っても返済期間が長期にわたれば、返済利息の差はけっこうなものになるでしょう。しかし、少額融資で短期間での返済となると数百円も違わないくらいの返済利息となるのです。

それでも銀行カードローンのほうが好まれるのはやはり世間体でしょう。消費者金融会社のイメージがいまだに昔のサラ金のイメージを払拭できているわけではありません。

特に中高年世代でしたら、サラ金と言われていた時代の、サラ金業者の厳しい取り立てをテレビで目の当たりにして見た人も多いでしょう。かなりのインパクトでしたから、記憶の脳裏に焼き付いている人も多いと思います。そういった経緯から、消費者金融会社からお金をかりるということにある種のアレルギーを感じる人も多いのです。

現在の若い世代でもサラ金という言葉を知っているくらいですから、サラ金のイメージを払拭できるのはなかなか難しいと考えていいかもしれません。ですから、できることなら銀行からお金を借りたいと考える人が多いのです。

いっぽうで、銀行カードローンは誰でも気軽に借りることができるわけではありません。というのも銀行カードローンは審査が厳しいのです。誰でも金利の低いところからお金を借りたいと思っていても、銀行もだれかれかまわずお金を貸すわけではないのです。

銀行カードローンにも審査基準があってその審査基準に合った人にしか融資を行いません。審査基準に合ったというのは属性が大いに関係しているのです。この属性というのはお金の借りやすさ、信用度、返済能力などを表す指標です。属性が高いと銀行カードローンの審査に通りやすいですし、属性が低いと銀行カードローンの審査には通らないでしょう。

銀行カードローンの審査基準で属性の高い人というのは、雇用形態が正規雇用の人です。いわゆる正社員ということになります。いっぽうで属性が低くなる人は、雇用形態が非正規雇用の人です。いうなれば、パートアルバイト、派遣社員、契約社員の人ですね。違いとなるのは収入の多い少ないといったこともあるのですが、一番大きいのは雇用が保証されているかどうかということです。

終身雇用制が崩壊したと言われて久しいのですが、正社員の人を会社が勝手に解雇することは懲戒以外では難しいのです。両者の同意がなければできません。しかし、非正規雇用の場合は企業側の一存でいつでも、といえば語弊がありますが、雇用契約が有期となるので、雇用契約の更新時に簡単に契約解除つまりは更新しないでクビにすることができるのです。ですから、非正規雇用の人が銀行カードローンからお金を借りるのは難しいと言えるでしょう。

また、正社員の人でも複数の債務など債務件数が増えると銀行から新たなローンの審査に通らないことがあります。銀行側は複数の債務は借金壁のある人、お金に困っている人と見るからです。いずれにしても、銀行カードローンの審査は厳しく、非正規雇用の人でしたら、全く借りることができないというわけではないですが、審査に通るのは厳しいでしょう。できるだけ少額で融資の申し込みをするようにしたらいいと思います。

銀行カードローンの審査が厳しいのは、銀行カードローンの原資が口座開設者から預かったお金ということが大きいです。大切な預かり金ですから、属性の低い人に融資をして貸し倒れに遭ったらいけないということですね。ただ、この件では銀行側も対策をしていて、銀行カードローンに申し込む人は、実は銀行の審査を受けると同時に、銀行と提携している保証会社からの審査も受けているのです。

これはどういうことかというと、銀行カードローン利用者が返済に窮してあげくには返済不能となった場合、保証会社がカードローン利用者に代わって残りの債務の全額を銀行に支払います。ここで銀行と利用者の関係がなくなります。それから、改めて保証会社から立て替えたお金の請求が利用者に対して行われるのです。

銀行カードローンに対して返済不能で、保証会社が銀行に立て替えを行った場合、そのときはすでに債務整理に入っているときですから、保証会社と債務者(利用者)の間で任意整理をどうするかといった、今後の返済計画などが話し合われるのです。もっとも、返済不能にならないようにしっかり返済計画を立てて返済していくようにしなくてはいけません。
 
▲メニューに戻る
 

 

銀行カードローンは即日融資ができない

メガバンクを中心に銀行カードローンは一頃では、即日融資やスピード融資ということを売りにして大々的に広告を出していました。しかし、その広告を現在では見ることができません。それはいったいどうしてでしょうか。

実は、銀行カードローンは即日融資に対応できなくなったのです。即日融資のサービスは銀行カードローンの大きな売りの一つだったのですが、それができなくなったのは、銀行カードローンの審査内容が変わったからです。

一工程増えたと言ったほうがいいのですが、それは警察庁のデータベースへのアクセスです。不正融資防止のための一環なのですが、銀行カードローンの申込者の信用情報を警察庁のデータベースでも照会しなくてはいけなくなったのです。

そして、その情報の照会情報が戻ってくるのが、翌日以降ということですから、物理的に即日融資ができなくなったということです。メガバンクの銀行カードローンの即日融資の広告がなくなったのはこういったいきさつがあったからです。ですから、即現金が必要というときに銀行カードローンでは不可能となったのです。
 
▲メニューに戻る
 

 

即現金がほしいときの方法

銀行カードローンで即現金ができなくなった場合に、次は消費者金融会社のカードローンと考えるのではなく、自分で調達できないかを考えましょう。ネットのサイトなどでも即現金の方法などがよく掲載されています。そういった情報を参考にしてみるのもいいでしょう。

まず最初に考えるのは、家にある不要品を買取業者などに買い取りをしてもらうことです。これも不要品ですから二束三文なのですが、数をこなせばけっこう良い値段になります。買い取り査定はけっこうシビアですから、高く買ったものがこんなに安く…と思うものですが、元々不要品と思っていたものですから、買い取りしてもらうだけでも良かったと思うようにしましょう。

買い取りは買取業者に持って行くのが基本ですが、足がなかったり、かさばるもの、大量に買い取りしてもらいたいなど、こちらの要望を聞いてくれ、在宅買取にも対応してくれる買取業者を選ぶようにしましょう。不要品でも数多く売ることで買い取り価格も1万円や2万円になることでしょう。ポイントは安くても買い取りしてもらうことです。不要品ですから買い取り価格がつくのならラッキーと思うくらいのスタンスがいいのです。

また、ゲーム商品ならけっこう高く買い取りしてもらうことがあります。ブランド品の衣料品や貴金属も高く買い取りしてもらえますが、あくまでも不要品であることが前提です。少しでも使うのでしたら、買い取りしてもらわない方がいいでしょう。資金調達を考えるのでしたら、日雇い日払いのバイトなどもいいでしょう。

これは昼間のメインの仕事以外で稼ぐ場合です。すぐにでもお金が必要とはいっても、明日まで猶予があるのでしたら、ガテン系の日払いのバイトでしたり、一晩で1万円くらいにはなるでしょう。体力的にきついのですが一晩でしたら、なんとか耐えることができるでしょう。

生命保険に加入していて、それが積立型でしたら、契約者貸付が利用できます。自分積み立てたお金を担保にして借りるので、審査も無くすぐに用立てしてくれます。しかし、返済できなければ、生命保険は強制解約となるので注意しなくてはいけません。
 
▲メニューに戻る
 

 

消費者金融会社で借りる

即日でそれなりのお金を用意するとなると、やはり頼りになるのが消費者金融会社のカードローンです。即日融資に対応しているのでその日のうちに必要なお金を用意できるでしょう。

消費者金融会社のカードローンは、多彩な申し込み方法があります。WEBでの申し込みや店舗からの申し込みはもちろんですが、無人契約機が24時間365日稼働していて、全国各地にありますから、ここで消費者金融会社のカードローンの融資の申し込みをするといいでしょう。

その日の22字までに手続きを済ませることができ、審査に通ることができたら、ローンカードが発行されてそれを持ってコンビニATMに行けば、すぐにキャッシングすることができます。まとまったお金がすぐに必要というときは消費者金融会社からお金を借りるのが最もスピーディといえます。
 
▲メニューに戻る
 

 

お金を稼ぐ方法

お金を稼ぐ方法はいくらでもありますし、ネットで検索すればいくらでもその方法が指南されています。メルカリなどは現在のお金儲けのトレンドといっていいでしょう。

しかし、即現金を求めるのでしたら、メリット/デメリットを考える前に、それほど多くの方法があるわけではありません。それなりのリスクを背負うのでしたら、ギャンブルや株式投資などがいいでしょう。

ですが、手持ち資金がすべて無くなることも考えられます。お金が欲しいのにお金がなくなるのでしたら本末転倒です。確率から言えばギャンブルも株式投資も負けるほうが大きいのです。ですから、ギャンブルも株式も余裕資金で行うのが鉄則なのです。

消費者金融会社で借りるのが手っ取り早いのですが、即現金ができる方法を日頃から考えておくことで、借りるのではなく作るという発想を持つことが大切なのです。
▲メニューに戻る