今すぐお金が必要な時に便利なのがキャッシングやカードローンは間違いがないが、金融事故でブラックの人には無理な話、審査のゆるい街金辺なら融資も可。その他スピード買取で身の回りのを売る、良くネットでは自己アフィリを推奨しているが報酬は2ヶ月先になってしまう。返す当てがあるなら少々利息が高くても街金が妥当だろう。

今すぐお金が必要【方法】即現金

すぐにお金が必要になったらどうしたらいい?

  1. すぐにお金が必要になったらどうしたらいい?
  2. 今すぐお金がほしい
  3. 友人知人を頼る
  4. 中小消費者金融会社から借りる
  5. 街金から借りる
 
 

すぐにお金が必要になったらどうしたらいい?

いますぐお金が必要になったらどうしたらいいのでしょうか。そうなると、やはり頼りになるのが金融機関でしょう。銀行から借りるのが一番いいのは間違いありません。

しかし、一頃は銀行カードローンもスピード融資と言った文言をネットの広告でよく見かけました。ですが、現在の銀行カードローンはいますぐお金が必要という要望には応えられなったのです。というのも、審査の内容がひとつ増えたのです。

それは警察庁のデータベースの照会です。これは不正融資防止のための対策なのですが、これによって銀行カードローンは即日融資ができなくなったのです。警察庁のデータベースに照会して照会情報を得るには最短で翌日ということですから、すぐにお金が必要という要望に応えることができないということですね。そのため即日融資に対応しているのは、消費者金融会社のカードローンということになります。

消費者金融会社は警察庁のデータベースの照会は義務づけられていないので、これまで同様、即日融資に対応しているということになります。銀行カードローンのほうが金利が低いですし、消費者金融会社のカードローンよりも返済利息が少ないというメリットがあるのですが、すぐにお金が欲しいという要望には銀行カードローンは利用できないということになります。

それでは、消費者金融会社のカードローンはどうかというと、これは即日融資が十分に可能です。属性に問題がなければ審査も30分程度で終わるということですから、1時間もしないうちにキャッシングできてしまうということです。消費者金融会社の融資の申し込み方法は、それぞれです。店舗に行ってもいいですし、WEBでの申し込みもできます。電話での申し込みもできるという便利さなのです。

また、自動契約機が主だった都市に設置してあるので、それを利用するとその日の22時まででしたら、すぐにキャッシングすることができます。ローンカードが発行されるので最寄りのコンビニATMですぐにでもお金を引き出すことができるのです。返済も消費者金融会社のカードローンでしたら、月々の引き落としによる返済の他に余裕があればいつでも返済できる任意返済が便利です。

このようなサービスをフルに使って消費者金融会社のカードローンを利用するといいでしょう。すぐにお金がほしいというときには、消費者金融会社のカードローンがとても役にたってくれます。

また、お金を借りる以外にもお金を作る方法があります。積立型の生命保険に入っているのでしたら、契約者貸付制度が利用できます。これは、積み立ててきたお金を借りるといった方法です。自分のお金ですから、その分だけ使うことができるというものです。

しかし、建前はあくまでも生命保険の積み立てですから、それがあってこその生命保険が機能するのです。ですから、契約者貸付制度を利用して、返済しなければ、生命保険を解約しなければいけません。したがって、お金が必要なときにすぐに用立てできる、契約者貸付制度はとても便利ですが、利用には細心の注意をするようにしましょう。

また、だれでもクレジットカードを持っていることでしょう。そのクレジットカードにはキャッシング枠が設定されているはずです。稀にゼロの人がいますが、すくなくとも数十万円のキャッシングができるくらいの利用可能額が設定されているのです。それを利用してお金を用立てすることができます。

ただし、ショッピングは手数料がかかりませんが、キャッシングについては借りた翌日から金利計算が始まります。そのため、返済日には返済利息を含めて返済しなくてはいけません。クレジットカードのキャッシングはかなり金利が高いので、本当にお金が必要な時にしか使わないようにしましょう。

また、返済もリボ払いではなくできるだけ翌月一括払いにしたほうがいいでしょう。他のお金の調達法としては、不要品の買取が一般的です。家の不要品も片付くので一石二鳥と言えるでしょう。ただし、自分にとっての不要品は多くの人にとっても不要品であることが多く買取価格もそれなりです。

必要なお金が1万円あるいは2万円程度でしたら、何とかかき集めてそのくらいのお金になるかもしれませんが、それ以上のお金が必要な場合は、それなりに買取価格が高いものを買取ってもらうしかありません。たとえばテレビやパソコンなどがそうです。

しかし、買取価格は良くても購入価格の10分の1程度ですから、5万円で購入したテレビの買取価格は5千円程度でしかありません。そしてテレビが必要だからと再購入するときには5千円の10倍の5万円を出して購入しなくてはいけないのです。ですので、買取はそれほど旨味のあるものではありません。それでもそのときに1万円でもいいからお金を作りたいというのでしたら、借金ではないので十分に有用と言えるでしょう。

他にもさまざまなお金の調達法があります。翌日まででいいのでしたら、日払いのバイトをするのもひとつの方法です。そういったこともあるというのも覚えておいていいでしょう。買取の話の続きですが、ネットオークションでしたら、不要品でも買い手が付くかもしれません。しかし、ネットオークションはお金になるまで数日はかかるので、すぐにお金が必要というときの役にはたたないでしょう。
 
▲メニューに戻る
 

 

今すぐお金がほしい

すぐにお金がほしいときは、クレジットカードのキャッシング機能を使うのがもっとも手っ取り早い方法です。

普通でしたらカードローンなどに融資の申し込みをして、審査に通って初めてお金を借りることができるのに、なぜクレジットカードのキャッシング機能ですぐにお金を借りることができるのでしょうか。それは、クレジットカードの申込時に審査に通っているからです。

クレジットカードも申し込んだらすぐにクレジットカードが郵送されてくるわけではありません。最近はスピード化しているようですが、それでも、数週間はかかるでしょう。審査に通ることでクレジットカードが手元に届くことになるのです。

クレジットカードには利用限度額があります。基本的にはその限度額までショッピングができるのですが、その中にキャッシング可能額があれば、それだけキャッシングができるということです。50万円の利用限度額があり、その中に30万円のキャッシング可能額という意味です。意味を取り違えてはいけないのが、50万円の利用限度額と30万円は別物ではなく同じ枠内ということです。30万円のキャッシングをしてしまうと、残りは20万円のショッピングしかできないということになります。キャッシング可能額が限度額と同額の50万円の場合もあります。

いずれにしてもキャッシング枠というのは、それが無条件で借りることができるという意味です。ですから、クレジットカードの申し込みをしたときは、30万円の融資の申し込みをしたのと同じこと、ショッピング枠も含めれば50万円の融資の申し込みをして審査に通ったということです。ですから、すでに審査に通っているのですから、クレジットカードのキャッシングはいつでも利用可能ということになります。

現金調達したい場合はカード会社のクレジットカードを利用するのが一番の方法でしょう。クレジットカード関連でいうと、クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法があります。属性が悪くて、キャッシング枠がゼロになっている人がよく利用するものですが、現金化する業者に連絡して、例えば20万円相当の買い物をしてもらいます。現金化業者は20万円の物品を購入し、それを売ることで現金化します。手数料を差し引いて、申込者の口座に降込むのです。

かなり割が悪く20万円の買い物をしてもらって、手元に入ってくるのは6割程度ですから、20万円の6割でしたら、12万円程度ということになります。それでも、現金をなんとかして調達したい場合はクレジットカードの現金化を利用するしかないでしょう。

もっとも、クレジットカード会社はこの行為を禁止しています。法律でも禁止ということですが、あくまでもグレーゾーンという認識です。割の悪い現金調達方法です。12万円を手に入れるために翌月は20万円を支払うことになるので、取扱いには十分注意しましょう。
 
▲メニューに戻る
 

 

友人知人を頼る

少額でしたら、友人知人を頼るのもいいでしょう。それでも気軽に声をかけることができるのは、1万円程度でしょうか。それ以上になるとなかなか友人知人と言えども声をかけづらいものです。

そうなると次に頼るのは身内ということになります。身内の場合でしたら、天井知らずで借りながら、あるとき払いの催促無しができるのですから借りる側としては最強の債権者といえます。身内ですからそのままうやむやにもできそうですが、借金は借金ですから、必ず返済するようにしましょう。

借用書は友人知人や身内では作らないことが多いようですが、法的拘束力もあるのでしっかり作っておいたほうがいいでしょう。借りる側としては最低限のマナーです。
 
▲メニューに戻る
 

 

中小消費者金融会社から借りる

大手消費者金融会社のカードローンは、消費者金融会社のローンの中でももっとも審査が厳しいです。そのため、大手消費者金融会社のカードローンの審査に落ちてしまうこともあります。

カードローンの審査に落ちてしまうと、どこも貸してくれないというわけではなく、中小消費者金融会社がカードローンの審査に落ちた人の受け皿になっているのです。審査はカードローンよりも甘いですから、属性が低くても審査に通ることができるでしょう。

もっとも、カードローンの金利よりも中小消費者金融会社のローンの金利のほうが高くなることが多いです。そうなると返済利息もかさみますから注意が必要です。

また、一部の中小消費者金融会社の中にはカードローンを取り扱っているところがあるので、そういったところからカードローンを借りるようにしてもいいでしょう。さらに、中小消費者金融会社の審査は早いです。その場で審査OKという場合もあります。いろいろな申し込み方法がありますが、WEB完結で全国から申し込みができる中小消費者金融会社もあります。
 
▲メニューに戻る
 

 

街金から借りる

中小消費者金融会社からお金を借りることができない人もいます。そういった人の受け皿になっているのが街金なのですが、中小消費者金融会社も街金も審査基準はそれほど違わないと言うことです。

街金はあくまでも街の貸金業者というイメージですから、小遣い程度にお金を借りるといった感じでしょうか。多くても10万円程度が借出しの相場とされています。

少額ですから、審査も厳しく無く、その場で用立てしてくれることも少なくありません。金利は上限金利の20%になることが多いですが、それでも借りやすいところが街金のメリットと言えます。
 
▲メニューに戻る