今すぐお金が必要な時に便利なのがキャッシングやカードローンは間違いがないが、金融事故でブラックの人には無理な話、審査のゆるい街金辺なら融資も可。その他スピード買取で身の回りのを売る、良くネットでは自己アフィリを推奨しているが報酬は2ヶ月先になってしまう。返す当てがあるなら少々利息が高くても街金が妥当だろう。

今すぐお金が必要【方法】即現金

指定信用情報機関の存在 ブラックでも借りれる理由

どの金融機関も金融業者も、審査の内容は公表しないです。
貸金業者の審査基準が甘い、厳しい、ブラック対応の情報は、全て口コミによるものです。
金融業者のホームページでは、当社の審査を行いますとあるだけです。
正確には、どのブラックが借りれないかは、情報サイトで確認しましょう。
 
 

指定信用情報機関の存在

金融業者では、信用情報に加盟をして、利用者の情報共有をしています。
過去にクレジットカードを作った、キャッシングをした、各種ローンを組んだの内容は、
全てその金融業者が加盟する、指定信用情報機関に上書きされます。

キャッシングの申し込みをすると、自社が加盟する指定信用情報機関から審査をします。
国内には、現在3つの指定信用情報機関があります。
ということは、金融業者が2つの指定信用情報機関に加盟しているとしたら、
残り1つの指定信用情報機関だけで、ブラック情報だとばれない?
これが、バレるときとバレないときがあります。
 

審査は公表しないの理由

ここが消費者金融等の対応になります。
審査は公表しないので、どの指定信用情報機関を確認しているかもわからないです。
中小系消費者金融でも審査はしているのですが、相当なブラックでも借りれたとの口コミは多いです。
指定信用情報機関に加盟しているのですが、何をどう確認しているかは不明です。

ですから、指定信用情報機関のすき間を狙って、本当に借りれる事態もあります。
意外な盲点ですが、口コミ情報で1つの指定信用情報機関しか加盟していないことが分かれば、
大手消費者金融でも借りれることがあります。可能性は低いですが。
 
 

指定信用情報機関の中小消費者金融の立ち位置

審査の公表はないのですが、中小消費者金融は甘いと評判です。
中小消費者金融のサービスは、大手のものと劣らない場合もあり、快適なキャッシングできます。
債務整理者が借りれること、自己破産等で1年程度で普通にキャッシングができたとの話しもあります。

ここで気をつけたいこととして、債務整理後は大手消費者金融では年以上借入はできない期間です。
その間に中小の老舗消費者金融業者等に借入をすると、大手消費者金融で借りられる期間が伸びます。
大手消費者金融を敵に回さないつもりならブラックでお金が必要だけど、中小消費者金融等に行かないことです。
指定信用情報機関のすきまでなんとかしたいと思っても、
大手消費者金融ではブラックの間に借りた証拠がある方には、とことん冷たい対応です。

しかし、実際にはブラックだから、お金が必要な場合もあります。
指定信用情報機関の内容で金融事故があっても中小消費者金融で借りて、
ずっと大手消費者金融では借りれないとしても、それはそれで仕方のないことです。
中小消費者金融も正規消費者金融ですし、金利が少し高い程度のキャッシングをするだけと納得。
そうすれば、大した大事ではないです。