今すぐお金が必要な時に便利なのがキャッシングやカードローンは間違いがないが、金融事故でブラックの人には無理な話、審査のゆるい街金辺なら融資も可。その他スピード買取で身の回りのを売る、良くネットでは自己アフィリを推奨しているが報酬は2ヶ月先になってしまう。返す当てがあるなら少々利息が高くても街金が妥当だろう。

今すぐお金が必要【方法】ブラック/破産者でも即現金

imasugu_648.jpg

今すぐ1万円必要

  1. 今すぐ1万円必要だけどどうしたらいい?
  2. カードローンのキャッシング
  3. お金を調達する方法は様々
  4. いろいろな現金調達方法
  5. お金が欲しいときの注意点
  6. 審査が通らないから貸してくれない
 
imasugu_648.jpg
 

今すぐ1万円必要だけどどうしたらいい?

ネットのサイトには、たくさんのお金儲けの情報があふれています。それを頼りに、自分もお金を稼いでみようと思っている人も少なくないでしょう。

今すぐ1万円必要という人がたくさんいるようですが、1万円というとなんとでもなりそうなお金です。

しかし、それをネットで探してでも欲しいという人がいるのですから、相当お金に困っている人であると考えてもいいでしょう。

1万円欲しいと思ったら、どんな方法が考えられるでしょうか。
1万円という金額はちょっとした小遣いと考えると多いかもしれません。
またお金を借りるにしても友人知人でしたら、なんとか貸してくれる金額かもしれません。
ですので、1万円が今すぐ必要ということでしたら、友人知人に借りることを考えがほうがいいでしょう。
もっとも、お金を貸してくれというばかりではダメで、いつまでに返すといった返済期限を決めないと、
貸す側もいつ返してくれるのかということになってしまうのです。

友人知人に借りにくいということになると、後は身内から借りるということになります。
身内の場合でしたら、返済期限もあってないようなものですから、借りやすい面もあります。
一方で、友人知人のときと同様に、人間関係に傷がつくかもしれません。
頻繁にお金を借りるのは控えたほうがいいでしょう。

また、貸す側も1万円のお金も、自分でなんとかならないのかと思うことでしょう。
そう思われること自体、借りる側にとっても大きなダメージになるのは間違いありません。
これが学生だったらまだいいのですが、社会人ともなると、
そういったレッテルを貼られてしまうのは、大きな痛手であることは間違いないのです。
ですから、安易に友人知人や身内を頼らない方がいいのは、間違いありません。

他に簡単なのは、クレジットカードのキャッシング機能を利用する方法ですね。
1万円という少額のお金でしたら、クレジットカードのキャッシング機能を使うことで十分対応できるでしょう。
それでも一つだけ注意したいのは、キャッシングをするとすぐに、利息計算が発生するということです。

クレジットカードのショッピングでは、翌月一括払いにすると、
金利手数料はかからず買い物した分だけの支払いになるので、キャッシングも同じように考えがちですが、
クレジットカードの利息は、翌月からしっかり金利計算されるのです。
そして締め日が決まっているので、その締め日までしっかりと計算されて支払日に請求されます。
その金利も消費者金融会社並の金利となっているので、利用するにも十分注意したほうがいいでしょう。

もっとも、銀行カードローンや消費者金融会社のカードローンなどに、
融資の申し込みをすると審査を受けなければいけません。
クレジットカードのキャッシングはすでに、クレジットカードを持つときに審査を受けているので、
キャッシング自体に審査はなく、すぐにでもキャッシングできる手軽さは捨てがたいものがあります。
ですから、1万円が今すぐ必要といったときは、
クレジットカードのキャッシング機能が一番ということになります。

クレジットカードのキャッシング機能の利用ということは、借金をするということです。
クレジットカード会社のれっきとした金融商品ですから、翌月にはしっかりと一括払いで返済しましょう。
クレジットカードがキャッシングでそのまま使えるので、仕事の合間に近くのコンビニに行って、
お金を引き出すということが簡単にできるのも、大きなメリットですね。
 
imasugu_648.jpg
 
1万円という金額はなんとでもなりそうな額です。
友人知人や身内を頼らなくても、クレジットカードのキャッシングで十分でしょう。

しかし、クレジットカードを持っていないあるいは、利用停止状態にある場合はどうでしょうか。
1万円が今すぐ必要として、サイトで情報を探している人でしたら、
クレジットカードの利用停止にあっている人の可能性もあります。

そういった場合は、友人知人から借りるという線もまた復活してきます。
それとも多くの人が利用している、ネットオークションを利用する方法もあります。
事前に会員登録をしておかなくてはいけませんし、すぐにでもお金が欲しいというときに、
すぐにお金が手に入る性質のものではありませんが、
それでも家庭の不要なものが、高値で取引される様を見るのは快感といってもいいでしょう。

オークションのポイントは、自分に不要なものが、高値で売れる可能性があるというお得感ですね。
不要なものを出品するというのがネットオークションなのですが、
人によっては他で仕入れてでも、オークションに出品して、
その商品を売りさばくといった、投資の対象にしている人もいます。

それでしたら、ネットショッピングサービスを展開したらいいのにと思いますが、
自前のサイトとオークションサイトでしたら、集客力が違うので、
稼ぐということになると、素人がこれからするネットショップサイトと、
オークションサイトでは、見る人の数が桁違いということを理解しておかなければいけません。

また、プリペイド系のカードを常日頃から利用していたら、
知らない間にポイントが溜まっている可能性があります。
買い物時のレシートを確認してもいいですし、ポイントサイトにアクセスして確認するようにしましょう。
ポイントですから、お金に換金することはできませんが、1万円欲しいのが何かの商品でしたら、
ポイントがそのまま使えるか、何かの購入の足しになるかもしれません。
 
▲メニューに戻る
 
imasugu_648.jpg
 

カードローンのキャッシング

銀行カードローンあるいは、
消費者金融カードローンを利用する方法があります。
基本的に1万円単位で借りることができるのですが、カードローンの場合は、利用可能限度額といった金額での審査を受けなければいけません。
これはどういうことかというと、1万円を借りるための審査を受けるわけではなく、カードローンにも利用可能限度額というのが設定されています。
それが1万円ということはなく、
最少でも10万円利用可能限度額が設定されているのです。

つまり、1万円を借りたいと思っているのに、
10万円借りるための審査を受けなくてはいけないということですね。

10万円を借りるための審査ということで、審査基準が厳しくなりそうと考える人もいるかもしれません。
厳密に審査は行われますが、これも銀行などの金融機関、
さらには、消費者金融会社といった貸金業者も様々です。
特に銀行カードローンの審査基準は高く、10万円のカードローンでも審査に時間が掛かったり、
審査NGといった場面も多々あることでしょう。
そのため1万円必要な時にカードローンの利用を考えているのでしたら、
消費者金融会社のカードローンがいいでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
imasugu_648.jpg
 

お金を調達する方法は様々

1万円といったお金が手元になくても、かき集めればなんとかなるという人もいるでしょう。
もちろん収入のない人はいませんから、次の給料日まで待てばなんとかなるといった人もいると思います。

エディやTカードのポイントは、知らず知らずのうちに溜まっているといったことはよくあります。
買い物サイトなどでは、
ポイント2倍の報酬といったところもあります。
そういった日を利用して、賢く買い物を日頃からしておくと、いざという時にとても便利です。
もっともこういったポイントは、換金できないので、
1万円必要なのが買い物のためというのでしたら、
かなりの援護射撃が期待できるかもしれません。

証券会社に口座を持っていればすぐにでも株取引を始めることができます。
デイトレードでしたら、一日で数万円は余裕で稼ぐといった個人投資家も少なくありません。
もっとも普段株や、FXをしたことがないという人が、
付け焼き刃的に急に株を初めても大損するのがオチでしょう。
するなら投資信託がいいのですが、それもお金を手に入れるまでにかなりの期間が必要ですから、
すぐに1万円必要といったときに、まったく現実的ではないのです。

チケットなどを持っていれば金券ショップなどで、買取りしてもらう方法もあります。
申込の際は本人確認書類さえ提示したら十分ですから、買取りというのはかなり便利ですよ。
チケット以外にもギフトカードがあれば、金券ショップで買取りしてもらえるので、
そういった方法を利用するのもいいでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
imasugu_648.jpg
 

いろいろな現金調達方法

良い噂を聞かないクレジットカード現金化ですが、これを利用して現金調達している人もいます。
簡単に説明すると、ショッピング枠を利用して専門の業者にお願いして、買い物をしてもらい、その買い物に応じて現金を振り込んでもらうという方法です。

回りくどい方法ですが、これを利用する人はすでにキャッシング枠を使い切っていて、キャッシングができない人、さらにそれでも現金が欲しい人ということです。

それでも10万円の買い物をしてもらっても、
手元に入るのはその6割程度の6万円くらいです。
借金は10万円ですから、6万円をゲットするために、10万円後日支払わなければいけないということですが、
今すぐお金が欲しいという人は、そういったリスク度外視で、現金調達に走るということですね。

もっともこの方法はかなりグレーです。
発覚すると、カードの利用停止といった措置をとられるケースもあるので、十分注意しましょう。
それでも割があまりにも合わないので、利用しない方がいいですね。

他には治験モニターといったアルバイトがあります。
簡単に言うと、開発中の薬の実験台になるというものです。
場合によってはかなりの高収入になるということですから、時間のある人向けにはなるのですが、
健康状態も専門の医師が、常にチェックしてくれるので、健康被害の心配はそれほどありません。

さらに転売やゲームのテストなど様々なお金儲けの方法があります。
借金よりも働いてお金を稼ぐほうが健全なので、こちら方面でがんばるのが正解ですね。
 
▲メニューに戻る
 
imasugu_648.jpg
 

お金が欲しいときの注意点

どうしてもお金が欲しい…それでもどこもお金を貸してくれないといったときは、背に腹は変えられないので、ヤミ金からお金を借りようと考える場合もあるでしょう。

1万円くらいの少額だからそれほど法外な利息にはならないのでは、と思いがちです。
確かに10万円とか、100万円といった借金ではないですから、利息もそれほど大きくはならないでしょう。
しかし、1万円借りて利息が3千円とか5千円になると、やはりかなりの高金利です。

一度借りるとヤミ金は何かとまとわりついてくるので、
少額といっても闇金からお金を借りない方がいいでしょう。
違法業者ですから、上限金利はあってないようなものです。

また、闇金と宣言しながら近づいてくるわけではありません。
ですから、借りる側も、まっとうな貸金業者なのかどうかを見極める力が必要ですね。
 
▲メニューに戻る
 
imasugu_648.jpg
 

審査が通らないから貸してくれない

1万円借りるにしても、審査に通らなくてはいけません。
それでも審査に落ちるときは、かなり属性が低くなっているからです。

貸金業者から借りることができなければ、
個人間融資掲示板というサイトがあります。
個人間でのお金の貸し借りをするサイトです。
本人確認さえとれれば、審査はほぼありません。
1万円といった少額でしたら、
すぐに借りることができるでしょう。
かかる利息などは交渉ごとになります。

上限金利なども、利息制限法で定められている上限金利20%というのは、
個人間では当てはまらず、さらに高金利となるので注意が必要です。
それでもどこも貸してくれないというときに、
個人間融資というのは、最後の砦とも言うべきところかもしれません。
 
▲メニューに戻る
 
imasugu_648.jpg

ブラックが1万円作る方法

1万円のキャッシングは簡単なはずです。 大手消費者金融なら、即日融資です。 多重債務でも1万円ゲットできるのなら、ブラックではないのですが。 中小消費者金融はブラック対応ですが、即日融資では…
imasugu_648.jpg