今すぐお金が必要な時に便利なのがキャッシングやカードローンは間違いがないが、金融事故でブラックの人には無理な話、審査のゆるい街金辺なら融資も可。その他スピード買取で身の回りのを売る、良くネットでは自己アフィリを推奨しているが報酬は2ヶ月先になってしまう。返す当てがあるなら少々利息が高くても街金が妥当だろう。

今すぐお金が必要【方法】即現金

今すぐお金が必要 大学生

  1. どんな大学生でも借りれるチャンスがある
  2. 大学生なら学生ローンが良い?
  3. 今すぐお金が必要でも大学生の多重債務はおすすめしない
  4. 簡単に借りることは本当に良いこと?
  5. 大学生なら借りる前に、このアルバイトはどう?
 
 

どんな大学生でも借りれるチャンスがある

大学生のキャッシングの方法はいくつかあります。
先ず、20歳以上であることが条件になります。
 

立場的には主婦と同じ

キャッシングの審査では、自身で収入ある方を対象にしています。
主婦と大学生は、収入がある方とない方が存在しています。
消費者金融カードローンも銀行カードローンも申し込みができるのは、原則収入がある方です。
20歳以上で、パートやアルバイトをして収入を得ている場合のみ、カードローンも使えます。

しかし、収入がない専業主婦は、配偶者の収入があれば申し込みができる銀行カードローン、大学生は学生ローンの形で保護者が保証人になることができます。よって、大学生は、普通のカードローン以外にも、収入がなくてもキャッシングの方法があります。

専業主婦と同様に、キャッシングチャンスがあります。
これが、主婦でもなく大学生でもない無職では、借りられないことです。
 

 

誰が契約者になるか?

大手消費者金融でも大学生でも20歳以上でアルバイトをしているのなら、申し込みができます。
それもガッツリ収入ではなく、年収で70万円程度でも借入ができます。
大手消費者金融では、自分が契約者になれるので、親は無関係です。
20歳を過ぎていれば、普通のカードローン、キャッシングができます。

しかし、アルバイトをしていないけれど、お金が今すぐほしいのなら、学生ローンです。
保護者が、保証人になって借りることになります。
親の承諾があれば実現することですが、承認後キャッシングが可能になります。
 

銀行カードローンがほしい

銀行からのキャッシングもアルバイトの収入で審査を受けることができます。
しかし、銀行カードローンでは即日融資ができないので、翌営業日になります。

申し込みが金曜日なら、早くてキャッシングが月曜日になります。
今すぐに対応ができない事、学生ローンにしても保護者と連絡がつかない事で、借入ができないです。
即日したいのなら、今は大手消費者金融しかないことになります。
土日休日でも、カード発行までできます。
 

審査の内容

信用情報的に問題がなく、収入があるのなら、在籍確認ができればOKです。
在籍確認はアルバイト先に電話が行くだけですから、大した問題ではないです。

ただ、申し込みの時に電話が通じるかが問題です。
自分が電話に出る必要はなく、勤務先での応対で大丈夫です。

大学生であったとしても、アルバイトで収入を得ている、在籍確認ができるとなると大手消費者金融としても完済ができる大人として認めることです。年収3分の一以内の総量規制範囲内のキャッシングですが、計画的に使うこと、返済には利息が係ることを肝に命じてください。
 
▲メニューに戻る
 

 

大学生なら学生ローンが良い?

大学生のキャッシングはアルバイトでも良いので、収入がある20歳以上が条件です。
カードローンとして、学生ローンが存在していますが、今すぐ借りれる可能性も高いです。
 

学生ローンとは?

2つの学生ローンがあり、1つは保護者が保証人になるタイプ、もう1つは保護者は無関係の大手消費者金融カードローンと同様のものです。収入があるのなら、後者が良いでしょう。

20歳以上で大学生(専門学生でも可能)であること、安定収入があることです。
特徴としては、大学生である分大手消費者金融より審査が甘いです。

ですから、大学生としてお金を借りるのなら、学生ローンが良い場合も少なくないです。
学生専用カードローンとしていることで、特に若い年代に多く利用をしてもらうために作ったローンです。
 

 

大学生の事情

奨学金の返済、アルバイトもしているけれど、ちょっと今月はきつい。
キャッシングは怖いけれど、少しだけ生活費に足しにしたい。
多分、こんな事情の大学生は多いことでしょう。

そこで、比較的甘い審査の学生ローンなら、今すぐお金を借りられると思われます。
信用情報、申込情報で問題がなければ、カードローンとしてではなく、振り込みや現金でのキャッシングになります。身分証明書として、必ず学生証の提示は特徴的ですが、年収3分の一以内の限度額です。
もともと年収が低いことで、大手消費者金融では審査に通らない方も、学生だからという理由で借りられることが多いです。
 

厳しい現実

審査は甘いとしても、返済は普通の消費者金融と同じ金利です。
18%程度の金利になりますから、計画的な返済をしなければならないでしょう。

そして、審査の過程では、一応保護者の存在も必要です。
保証人としてではなく、返済ができない場合は、保護者に連絡が行くのも学生ローンの大きな特徴です。
一応後ろ盾として、保護者がいることで甘い審査にもなっています。
もし知られたくないのなら、延滞などは絶対にしないことが必要でしょう。
 

借りる前に考えて

大学生であるからではなく、借金をしてしまう事を考慮してください。
1万円、2万円ならアルバイトで返済できることでしょう。
これが、返済が難しい借金なら、学生ローンはしないことです。
親に言える借金なら、親に頼むか、保証人が親となる学生ローンがおすすめです。
完済ができない時にはお願いしますといえるのなら、ある程度自分が責任を持つことができるでしょう。

しかし、実際親に内緒が理想ですが、あくまでも完済ができる学生ローンでなければならないことです。
アルバイトの時間を増やして落第するようなことがあれば、それは困ってしまうことです。
何に使うにもよりますが。
 
▲メニューに戻る
 

 

今すぐお金が必要でも大学生の多重債務はおすすめしない

大学のそばには、学生ローンの看板も多いです。
大学生を対象にした学生専用ローンは、大手消費者金融とほぼ同じ要領で申し込みができます。
来店では15%台の低金利でのキャッシングもできます。
 

大学生なら学生ローン?

大学生が借りたいのであれば、学生ローンが良いのは、審査が甘いからです。
大手消費者金融でも借入ができるのですが、審査の内容が学生対象にしている分、何かと優遇です。

資金調達の目的はそれぞれですが、最高50万円程度のキャッシングができます。
15%、16%の金利は大手消費者金融ではない低金利です。
この少ないアルバイトで借りられる?
大手消費者金融では審査落ちだとしても、学生ローンなら借りれる可能性が大きいでしょう。
 

 

実は多重債務

既に、学生ローンも使っているけれど、多重債務をしたい。
他の金融業者を探している大学生もいます。そうなると、審査は難しくなります。
大手消費者金融も学生ローンも総量規制範囲内でしか借入ができないのです。

アルバイトの総量規制ではそんなに高くないですし、低い収入の多重債務はできないこともあります。
普通なら、中小消費者金融に行くことで、総量規制範囲内での借入ができる方もいますが、大学生のアルバイトでは、中小消費者金融でもお金が借りられない可能性があることでしょう。
大学生のアルバイトの収入での多重債務はしないことです。
 

どうして多重債務に?

奨学金の返済、たまたま付き合いが多くなって、デートで奮発してしまって。
さまざまなきっかけがありますが、金融業者からの借入では、大学生の収入では限定的になります。
これは、大学生だけではなく、収入が低い方では、多重債務はなかなかできない現実もあります。

一応、多重債務はできない。
しかし返済をしなければならない場合は、どうにか今の借金を片付けることが必要です。
 

そこで提案

返済に関しては、大手消費者金融でも相談に乗ってくれるのです。
学生ローンの場合は、返済前の相談にも対応しています。

甘い審査で貸すのですが、改めて借りたい、しかし多重債務ではなく、返済金額を多少下げるなどの対応が期待できます。お情けではないのですが、2万円の返済を1万円ずつとか、契約内容の変更も、延滞前なら話しができることでしょう。ですから、既に学生ローンをしていて、多重債務をしたい方は、学生ローンの方でなんとか返済の相談をしてみてください。

今すぐお金が必要なのはわかりますが、これ以上の返済額の増加はおすすめしないです。
親に相談ができたらベストですが、それをしたくないなら、ここはきちんと考えましょう。
 
▲メニューに戻る
 

 

簡単に借りることは本当に良いこと?

大学生のキャッシングは、収入が少ない分だけ、借りれるお金も少ないです。
返済は普通に金利が高いので、今すぐお金が必要だけどキャッシングではなく、アルバイトを増やせるかを検討してみてください。
 

返済が既にある?

奨学金などを返済している方は、信用情報では借金ありです。
その上での大手消費者金融の審査では、通らない事もあります。

しかし、学生ローンなら許容範囲は広いですが、借りれる限度額が小さい事もあります。
そこで、アルバイトを増やす、出費を抑える事ができるのなら、借りない選択も一つの手です。

学生専用カードローンもありますが、特別な審査で学生だから借りやすいだけで、金利などは普通のキャッシングと同じです。ですから、返済が楽になることはないのです。
 

 

もうダメだ、借りよう

学生ローンにしても大手消費者金融のカードローンにしても、20歳で収入があれば借入ができます。
こんなに簡単に借りれると思うことが多いようです。

では、学生ローンと大手消費者金融カードローンではどちらが良いか?
金利で行くと学生ローンが若干低いです。しかし、申し込みをして借りる形で、ローンカードはないです。
ですから、今回だけという借り方にはおすすめですが、利便性は低いです。

大手消費者金融カードローンなら、年収3分の一以内で自由に借入ができるので便利ですが、使いすぎも懸念されるところです。自分が計画的なキャッシングができるのなら、おすすめです。
 

延滞はダメだよ

アルバイトの収入でキャッシングをすると、利息分の返済が大きく負担になります。
返済しないのは、自身の信用情報にも大きく影響が出ることもあります。
ですから、絶対に返せる借金しかしてはならないです。

大学4年制で卒業間近で、今キャッシングで延滞をしていたとします。
卒業後に新車購入のカーローンの契約をする。ところが、ブラックリストでローンが組めない。
クレジットカードの契約もできないということに。社会人スタートで、つまづいてしまう事になります。

そして、ブラックリストは約5年間は続いてしまうとなれば、今必要なお金のために、大変なことになってしまう懸念があります。今必要なお金は、絶対返せる?大丈夫?と老婆心になってしまうのも納得していただけると思うのですが。
 

学生ローンに行くにしても

保護者にバレることがないのですが、学生でお金を借りることは、延滞したらすぐに親に連絡が行きます。
そのことが一番恐れていた方も多いですが、返せないのなら、アルバイトをしましょう。
学生ローン、大手消費者金融カードローンにしても完済できる方のためのものです。
 
▲メニューに戻る
 

 

大学生なら借りる前に、このアルバイトはどう?

大学生で今すぐお金が必要なら、お金を「貰おう」。
これは、最近新種のバイトとして流行っているパパ活・ママ活です。
 

パパ活は聞いたことがあるけれど

パパ活は、愛人契約ではなく、お小遣いをくれるパパの存在です。
娘のような存在で、肉体関係なしでご飯だけで数万円のお小遣いをもらう関係です。
大学生の女子なら、奨学金が払えなくてとか、オシャレしたいけれど、という感じで、多額のお金じゃなくてもくれるパパがいるようです。出会い系サイトの記事では、本当にパパになりたい方も少なくなく、パパ活で毎月数万円から数十万円のお小遣いをもらってる大学生もいます。

そしてママ活です。
こちらは健全とされる内容が多く、私の前でガツガツ食べる息子的な存在が嬉しいようです。
こちらのお小遣いは2万円前後と少ないのですが、食べるだけ、ちょっとおばさんの相手をするだけで、お金がもらえる美味しいバイトでしょう。
 

 

どちらも相手が大人であること

資金調達法としては、簡単なことです。
この場合のパパもママもお小遣い支払いはなんていうことはない金額ですが、相手が大人であること、パパ活ではいつ狼になるかわからない危険性は大きいです。ママ活の危険性としては、いつか恋愛感情が生まれてしまう事。

いやいや、自分としてこんなおばさんは相手にしたくない、ママ活だけにしてよ、という関係でも家庭を放棄してしまう場合は、危ないでしょう。
 

まだ利息がある方が良い

パパ活もママ活も勇気がいる行動ですが、簡単にお金が入ります。
それも返済不要ですが、体を使ってでの面倒なリスクありの収入です。
それなら学生ローンや大手消費者金融カードローンの利息が良いや、と言う方もいることでしょう。
大方そう思うのですが、パパ活もママ活も大学生ならではのアルバイトです。

出会い系サイトに興味があるのなら、1度だけでも社会経験として行ってみるのもありでしょう。
それが面倒になれば逃げれば良い事ですから、というおすすめなのですが。
カードローンの利息だけの方が、さっぱりして良い方もいます。
 

借金は作らない方が良い

できれば、大学生で今すぐお金がほしい場合も簡単にカードローンなどに走ることはおすすめしないです。
アルバイトをしていることが前提ですが、本業の学校にいくことが疎かになってしまうのは反対です。
それなら安全なパパやママの方がまだマシかな?という事も。

借りる前にはよく考えて、出会い系サイトも安全なサイトの利用をしてください。
 
▲メニューに戻る