今すぐお金が必要な時に便利なのがキャッシングやカードローンは間違いがないが、金融事故でブラックの人には無理な話、審査のゆるい街金辺なら融資も可。その他スピード買取で身の回りのを売る、良くネットでは自己アフィリを推奨しているが報酬は2ヶ月先になってしまう。返す当てがあるなら少々利息が高くても街金が妥当だろう。

今すぐお金が必要【方法】即現金

今すぐお金が必要なときはどうする?

今すぐお金が必要だ!という場面は、生活をしていたら少なからずあります。近くに友人がいたらお金を貸してもらうようにするのも1つの方法です。しかし、そのお金の額も1万円以内あるいは、5千円以内でしたら気軽に借りることもできるのですが、それ以上ということになったら、いかに気心の知れた友人であってもなかなか借金の申し入れはできないものです。

昔から金の切れ目が縁の切れ目というくらいにお金というのは、いくらあっても邪魔になりませんし、反対に無くなってしまうと、とても不安になるものです。お金があれば人も寄ってきますし、無ければ遠ざかるのはこれもまた事実ということですね。ですから、お金がないという場面に出くわしたら、まずは友人知人を頼るのが一番手っ取り早いでしょう。

しかし、それを由としない人も少なくないのです。友人にお金を借りるくらいなら、サラ金に借金をした方がましだという考えです。それも一理あってお金の問題で友達をなくすというのは数多くあります。ですからお金は天下の回り物といいますが、友人知人からの借入は極力しないほうがいいかもしれません。お金のことで催促するのも気が引けるものですし、返済が少し遅れただけでも関係がぎくしゃくするものだからです。

そうなると身内からお金を借りるのが安全策とも言えます。生活共同体ですし、気心が知れるという以上に血のつながりのほうが強いですから、無理なくお金を借りることができるでしょう。身内ですから、利息も支払う必要がないのも大きなメリットと言えます。

しかし、これが大人になったらなかなか借入の申し入れができなくなるのです。年齢が邪魔をしているのかもしれませんし、少額のお金であればあるほど言いにくくなりますし、反対に高額になってもそれはそれで用立てができるのか自分で判断しながら申し入れをしなくてはいけませんから、そこに難しい問題が出てくるのです。
 
 

友人知人や身内以外で借りるにはどうしたらいい?

金額にもよりますが、一番手っ取り早く確実な方法は銀行に預けたお金を引き出すことです。

しかし、銀行口座に潤沢にお金があるという人ばかりではありません。銀行残高が限りなくゼロに近いという人も少なくないのです。あるいは口座に残高があっても、借金の総額のほうが多いという人もいることでしょう。返済もありますから、銀行口座にあるお金を引き出したくないという人も多いのです。

それならどうしたらいいのかというと、まずはクレジットカードの利用を考えましょう。クレジットカードには多くの場合、キャッシング枠というのがあります。総額で50万円の利用可能額があるとすれば、そのうち10万円までキャッシング可能とか30万円までキャッシング可能、さらには利用可能額の50万円までキャッシング可能といった場合に、キャッシングできる額があらかじめ設定されているのです。

いますぐ必要なお金が5万円というのであれば、クレジットカードのキャッシングが、もっとも素早くお金を手に入れる方法です。利用するATMはほとんどの銀行ATMやコンビニATMです。ほぼ全てのATMが利用可能となっているので便利です。クレジットカードのキャッシング枠にもよりますが10万円以内でしたら、ほぼ間違いなくキャッシングの利用が可能でしょう。稀にクレジットカードにキャッシング機能が付いていない場合もあるので、事前の確認が必要です。
 

クレジットカードのキャッシングの落とし穴

素早くお金を手に入れるには、クレジットカードのキャッシングが一番手っ取り早いでしょう。お金が必要な場合は、誰でも最初にクレジットカードのキャッシングを思い浮かべるはずです。

しかし、ここに落とし穴があるのです。クレジットカードのキャッシングを、ショッピングと同じように考えている人はいないでしょうか。クレジットカードを利用してのショッピングは、翌月一括払いの場合は金利手数料は一切かかりません。それと同じようにクレジットカードのキャッシングでも、翌月払いでしたら金利手数料、すなわち利息を支払わなくてもいいと考えている人が多いのです。

ショッピングの利用代金の支払いは確かにそうなのですが、キャッシングはそういうわけではありません。締め日までの利息が日割りできっちりと計算されて、それがクレジットカード会社からの請求明細書には、しっかりと記載されているのです。ですから、クレジットカードのキャッシングを利用した日から、締め切り日までの金利手数料がしっかりと請求されるというわけですね。

もちろん元金も支払わなければいけません。金額にもよりますが5万円を借りて1ヵ月の金利手数料ということになると、1,000円程度を利息として支払わなければいけないのです。これはかなり大きな金額と言えます。
 

カードローンを利用するという手もある

そこで、カードローンを利用するという手もあることを知っておいたほうがいいでしょう。カードローンの中には30日以内の返済では、金利手数料すなわち、利息がかからないというサービスがあるのです。

これは消費者金融会社あるいは銀行カードローンによるので、すべてのカードローンが無利息に対応しているというわけではありません。カードローンの利用にはあらかじめ申し込みをして、ローンカードの発行を受けていなければなりません。基本的にお金の融資の申込みをするのが手順ですから、将来的にお金が必要になるからと融資を受けないで、カードローンの申込みをするということはできません。

もっともローンカードの発行だけを受けて、後は必要なときに出金するというスタンスですから、それについては無問題です。ということは実質的に融資をそのときに受けなくてもカードローンの申し込みをして、ローンカードの発行を受けることが可能ということになります。

実際にカードローンの場合、それも大手消費者金融会社でしたら、自動契約機などがありますから、お金が必要なときにそこに出向いて契約を済ませてお金を引き出すということもできます。急にお金が必要になったという人の強い味方となるのが、カードローンということですね。