今すぐお金が必要な時に便利なのがキャッシングやカードローンは間違いがないが、金融事故でブラックの人には無理な話、審査のゆるい街金辺なら融資も可。その他スピード買取で身の回りのを売る、良くネットでは自己アフィリを推奨しているが報酬は2ヶ月先になってしまう。返す当てがあるなら少々利息が高くても街金が妥当だろう。

今すぐお金が必要【方法】即現金

金利高くても借りれるとこ「保険の契約者貸付」とは

生命保険等の契約者貸付とは、契約している生命保険等の解約払戻金を担保にし、お金を借りる制度です。
金利が低く使いやすいという記事も目にする事がありますが、実は金利は低くならない事が大半の借入れ方法となっております。
金利は高くなってしまう事もございますが、生命保険等の保険を契約していれば誰でも借りる事が出来る便利な借入れ方法であることは、事実です。

契約者貸付というのはどのよう内容なのか、金利が高くても安心してご利用出来る貸付なのか、詳しくまとめてみました。
 

 

生命保険等の契約者貸付とは

契約者貸付とは、生命保険等の解約払戻金を担保にし、保険会社からお金を借りる事が出来る融資方法です。

借入れ出来る金額は通常、解約払戻金額の70~90%程度となっております。
借入れ出来る金額の目安は、保険業者や保険の種類により異なります。
契約者貸付ですので、融資を受ける事が出来るのは契約者ご本人のみとなります。
 

金利は高くなる事もあるが借りやすい

契約者貸付で借入れ出来る融資に対する利子は、契約した生命保険等の保険の予定利率に対し1~2%程上乗せした金利となります。
現在の様々な保険は金利が低いので、金利が多少上乗せになってもお安くご利用出来ると思われるかもしれません。

しかし、契約者貸付は複利が適用されるのが難点となっております。
契約者貸付の場合最初の金利は低く3%程度なので、低い金利と思われると思います。
しかし、複利ですので1年で返済できなければ次の年に倍の金利設定となっていきますので、どんどん金利が倍々で膨れ上がっていきます。
1年分の金利はお安く感じますが、実際ご利用してみると決して低い金利ではなく、場合によっては高い金利となってしまう事もあるのが、難点となってしまいます。

高額な金額を長い期間借入れすると、貸金業法上限ギリギリの高い金利となってしまう事もあるのです。
生命保険等の契約者貸付は契約者であればご利用可能ですので、高い金利で貸してくれやすいとこといえるのです。
 

 

昔の保険はかなりの高金利となってしまう

現代の保険は予定利率は低く2~3%となるパターンが多くございますが、バブルの時代の保険は予定金利が今の保険の2倍程になっている商品もございます。
5%以上の金利となっている保険も多く、これに2%の上乗せ金利となってしまうと、6%の金利での契約者貸付となってしまいます。
この状態で3年や4年ご利用してしまうと、とても大きな金利の融資となってしまうのです。

利息の高い保険は解約払い戻しの際の金額も大きくなりますが、返済額も大きく膨れ上がってしまいます。
契約者貸付を検討する際は、どのような予定金利の保険なのかをきちんと調べた後に、ご利用しなければいけません。
 

契約者貸付を返済しなかった場合どうなるのか

契約者貸付を返済しなかった場合、複利運用により返済金額が大きく膨れ上がってしまいます。
借入金額によっては、せっかく貯めたお金を使う事が出来なく、何の為に保険に加入したのかわからなくなってしまう事もございます。
せっかく契約した保険であっても、目的の為に使う事が出来なくなってしまう事もありますので、充分に注意して契約者貸付を検討すべきといえるでしょう。

場合によっては、利息がついていかなく限度額を超えてしまい、返済をしないと解約となってしまう場合もございます。
せっかくの保険がもったいないので、このような状態には絶対にならないようにしなければいけません。
 

 

契約者貸付はご利用出来る保険が決まっている

契約者貸付は、どのような保険契約にも該当する訳ではございません。
ご利用出来る保険というのは、保険会社により決まっております。
このような保険は、ご利用出来る可能性が高いといえます。
 
  • 終身保険
  • 養老保険
  • 生命保険
  • 学資保険
  • 個人年金保険

これは該当する事がありますので、保険会社に問い合わせてからお申し込みをされるk10をオススメします。
 

契約者貸付のメリット

契約者貸付には、このようなメリットがございます。
 

返済の期日は決まっていない

契約者貸付は、一般的なローンの様に返済日は決まっておりません。
ご自分が返済出来る時に、お好きなだけ返済が可能となるシステムとなっております。
返済に追われないので、ご利用しやすいという声も挙がっております。
 

 

契約者貸付を使っても保険の保証は継続できる

気になるのは、契約者貸付で保険のお金を借りてしまったら、その保険の補償内容は継続するのかではないでしょうか。
契約者貸付でお金を借りても、保険の保証は一切変わりません。保険金も支払われますので、安心してご利用が出来ます。
 

保険料の支払いが困難な時もご利用出来る

何らかの理由で家計が苦しくなり、保険料の支払いが大変になってしまう事があります。
そんな時も、契約者貸付でお借りしたお金で保険料の支払いをすれば、保険を解約せず継続が可能となります。
この様な流れでご利用されている方も多く、保険の継続を難なく続ける事も可能となります。
 

いかがでしたでしょうか。
保険の契約者貸付制度は一見お安い金利に思えるのですが、蓋を開けてみると金利の低い貸付ではございません。
しかし、保険をご利用している方であれば誰でもご利用が可能ですので、金利が高くても借入が出来る融資といえます。
総量規制にも融資実績にも該当しませんので、使い方によってはとても便利な貸付方法なのです。
どうしてもお金が必要になったら、様々なリスクも考えながら申込みを検討してみると良いでしょう。